きりんのさかだち

繊細で大雑把、楽しく生きたいけど人の目を気にするネガポジティブな人間が、日常のことを書きます。

大事なひとを亡くしたことはあるか

小学生の時、初恋の人が亡くなった。

人が死ぬということを初めて目の当たりにする小学生にとって、あまりにその経験は残酷だった。

なくなるということが文字通り「何もなくなる」ということが実感されたのは、想っても、電話をしても、何をしても向こうからの反応がないというのがわかった時だった。

年月が過ぎるにつれて、いくら会いたくてもいくらこの世界中を探してももう一生、二度と、永遠に会えないというのがはっきりしていった。死は薄れていくというが、思い出が濃くなるにつれて死の輪郭もまた濃くなってきた。

 

曾祖母がそのあと、高校生の時に亡くなった。

自他ともに認めるほどのおばあさん子だったが、驚くほどその時のことは薄れている。

大好きだったが、年寄りは自分よりたいてい早く逝ってしまう。それがわかっていた。

入院していたし、その前は寝たきりだったし、見舞いにいった母がぼけてしまった曾祖母に言葉をかけられて失望していた姿を見ていたことで、もう違ったひとになりつつあり、死がそこまで来ていると思った。

 

初恋の人の話に戻る。

 

中学生の時、別の人を好きになった。

友人との関係がうまくいかないこともあった。

高校を決めるとき、同級生が他に1人しか行かない学区外の遠い学校を選んだ。

そんなことが、そのすべてのことが、

彼が生きていたらどうなっていただろうと考える。

今思えば、小学生の時 学校に行く楽しみは彼に会えることだった。

彼がいたら、中学校生活はどうだったろうか。

彼がいたら、意味もなく離れた高校など行っただろうか。

彼がいたら、別の人を好きになることはなかったと思う。

なにがあったら彼がいるのに、別の人を好きになることがあっただろうか。

ふられても、意地の悪いことを言われても、きっと好きなままだったと思う。

彼にほかの彼女が出来ても、きっと好きなままだったと思う。

それほど、理想のヒーローでかけがえのない人で、こころから大好きで夢中になれた、幼い恋心を持続させられた人だった。

死んだからそう思うのだろうか。死んだからかけがえないのだろうか。

そんなことも思うが、たぶん違う。ずっと好きだったと思う。

 

今、私は結婚した。

もし夫が浮気したら、私は奴を許さない。

 

もしもその相手が彼だったら。

絶対激怒するし、信用もできなくなるだろう。

そんな失望でさえ、彼とならしてみたいとさえ思う。

 

もし夫がいま死んだら、きっと後を追うと思う。

人が死んで残される人がどれだけ哀しむか、ずっとずっと実感してきたことだから

自殺する人間を私は許さないけれど、

もう親の哀しむ顔を想像してもぼんやりとしてしまうほど、離れすぎてしまった。

家族も、友達も、家も、仕事も、なにもかも所縁が薄いところにきてしまったから、後を追うのにさほど抵抗はないだろうな。

子供がいたら考えは変わるんだろうけれど。

 

 

結婚式が近づいてきた。

私は夫とほんとうの夫婦になる。

人生でかけがえのない相手になって、一緒にこの後の人生を、死ぬまで歩んでいく。

今日は半休

会社行事で半休のため、家かえってきて煮込みハンバーグとポテサラと普通のサラダとコンソメスープを作って洗濯物たたんでYOUTUBEみてます。

いつから半休も直帰スタイルになったんだっけ。同棲始めてからか。自分の時間がなくなったなんつって自分の時間与えられ続けて遊びにいったり飲みに行ったり友達が捕まんなかったら家帰ってきてふて寝したりしてただけなので幸せな拘束なんですけど(拘束なんつって全然拘束されてないから自主拘束でしかないわけですけど)。

自分がこうしてるからあんたもそうしなさいよと言いたいがための自主拘束なんて部分もあるわけですけど、それってすごく高慢。なんて高慢なの。

でも自分の立場に立ち返っちゃうと半休なら自分が帰った時にめしがなかったらきっと不貞腐れる。なんて高慢なの。

つーことで自分が自分に課した枷を嵌めて生きています。無理からの強制になりませんように。

世の中のヒリつく話題に攻め込んでいくスタイル

とは言ったものの、そんな知識も何もなく自分の所感を連ねるだけなので「※個人の感想です」を忘れずに。

 

男の人が女の人を好きとか、男の人が男の人を好きとか、その逆、逆の逆、あとは男か女かがそもそもぶれてくる話題になると

所謂大多数でない立場で恋愛したりしている人は「少数意見だからといってないことにするな!潰すな!」「差別するな!」「もっと理解を!」と声を大きくする印象があるのですが

そうなるのは所謂大多数の立場の人は声を大きくする必要がないから当たり前っちゃ当たり前なのかもしれないのですが

個人的にはなんかそれに違和感を感じていて。

なんでかなぁって思ってさっき思い当たった自分なりの一つの結論が「そっちが自分を認めてほしすぎてほかの人をどっか否定してんじゃね?」ということでした。

 

なんつーかとても難しい話題なんだろうけど、自分は同性を恋愛対象にはできないし、生まれ持った性に違和感は特にないので(まぁ嫌いな部分はあるよ。特有の~~みたいな)わかんないけど、別に同性を好きだったり生まれた時と違う性で過ごしてる人も過ごしたい人も「そっか」くらいなもんです。

そんな感じだからか、自分の意見を声を大きくして主張して理解されないことに怒りまくっている人のことをあまり好意的には見れないのですねー。

どっちにせよ、他人にそこまで興味がないのかも。自分が、自分の関わる範囲の人がわかってればいいかなみたいな感じ。

反対に言えば、関わる範囲の人には理解してもらいたいし、ちゃんと話していきたいという感覚はわかるんだけども。そんな世間一般みんながわかってなきゃだめかな?とは思う。

少数意見と括ってもそんな人ばっかじゃないってのも勿論大前提として。

 

性別とか、恋愛とかそういうことを離れてもこういうことって沢山、沢山あると思うんですが、今回はそういった方面で考えを巡らしたらいったんこういう結論に行きつきました~って話でした。

わにまについて

JPOP生まれサブカル育ち、そしてまたJPOPに戻りつつある自分としてはWANIMAを聞くと「ガガスペじゃねぇか」と思うわけですが、今の若い子にそんなこと言うと全然違うじゃねぇか黙れババアといわれるとおもうので、この考えは夫にしか言っていません。

個人的にはメロコア入りはlocofrankだったしハワイアン育ちなので、ガガスペにわかのWANIMA未聴、軽くauで耳にしているくらいなのでどうかお手柔らかに。

ブロガーへのみちはけわしい

もう滞っている本ブログ、ブロガーへの道などまだまだってことで

ここ1~2年くらい、ほぼ連日更新されている著名ブログを何本か追っているのですが、ここ数日、なにやら複雑な気持ちになることがあります。

追っているのはどれも日常系だったりおっとり系だったりの育児ブログ・家族ブログ・ネタブログetcetc。

純粋に楽しいなぁかわいいなぁためになるなぁ~ためになるねぇ~と思いつつ読んでいますが、最近そのうちの1本をはじめから読み直してみました。そもそもが途中から読み始めたこともあり。

そうすると、いるんです。。そう、あれが。。

 

荒らしが。。。

 

ってなにいってんだ2ちゃん黎明期に多感な時期を過ごしてきたやろと。ネットリテラシー学校で学ぶ時代だったろうと。そうなんですけどね。

 

多種多様な人がいるのはとてもよくわかっているし、巨人ファンがいればアンチ巨人もいることはわかっているのですが、自分はやな感じだと思うと無理から近寄る気になれないほうなので、むしろ触らぬ神にという考えなので離れていくのですが

嫌悪感をむき出しにわざわざ嫌味なコメントしてコメント欄を荒らす人、それにむちゃくちゃ突っかかって最終的にブロガーに対して「自分は応援してます!!」とアピールして満足する人、触らぬ神にで記事内容にのみ言及してる人、まぁいろんな向き合い方がありますね。

ってこれあれも、わざわざ嫌なコメント見て嫌な気分になるって点では臭いとわかってても嗅ぎたい的な心理なのか。離れてないやんけ。

 

まず荒らしがなんでそんなことをわざわざ?スキの裏っかえし?注目してほしいのか?それともブログ閉鎖に追い込むのが趣味な悪趣味なだけの人?と理解できない思い。

見てるとほぼ毎日何かにつけて重箱の隅をつつくようにあらを見つけては独自解釈で嫌味なコメントを言っているみたい。かつ以前に何かコメントして対応されなかったから躍起になってるみたいな傾向がありそうなので、熱烈なファンが自分を見てほしすぎてストーカーになったという感じかなと。

そしてそれに正義感をもって立ち向かう人。これは大好きなブログの治安を守りたいという気持ちが見えるので気持ちとしてはとてもわかる。ただじゃああなたは何様よというコメントもあるので、紙一重。「わけわかんない人もいるけど無視して頑張ってね!」みたいなことって、同じじゃね?初めて荒らされた中学生のブログじゃあるまいしブロガーもわかってるっしょ、そのうえで無視してるじゃんか、という気がしないでもない。

スマートだと思うのは、言わずもがなノータッチでブログへの純粋な感想を書き込むパターンとROMってる人(2ちゃん黎明期なもんで)。

 

自分はスマートにROMりつつ、自分のブログにちゃっかり考えたこととしてネタにした次第です。

ブログってそんなもんじゃね?あってる?この使い方あってる?

プロブロガーって金もらってるからって全読者に配慮する必要ある?まぁなんもない人よりはあるかもしれないけど、生活の中であったことや考えたことを徒然なるままに綴るのがぶろぐってもんなんじゃないの??

 

ってことで終わります。このなんでもない思い呟き日記がどうか単行本として本屋に並ぶ日が来ますように。書き物で飯が食えますように。

 

ー完ー

命日

きょうになりましたが、とてもとても大好きだった同級生の命日です。

17年も前になるのか。いま計算してびっくりしちゃったよ。

たまに夢で逢いに来てくれていたけど、最近はめっきり顔を見せなくなりました。

起きた後の喪失感は何度体験しても悲しいけど、逢えた記憶が残って嬉しいから、また夢で逢えたらいいな。

近しい人、大好きな人がいなくなりませんように。

もう恋なんてしない

結婚してすぐは、こんなに幸せなことなんてあるかとおもった。

10年くらい恋人もおらず、自分が好きな人が自分のことを好きになってくれるなんてと。

しかもその恋人と紙ぺら一枚提出したら、一生をともにすることができるなんてと。

そのうれしい感覚は今この瞬間も勿論あるけれども、最近たまによぎることがあって。

恋をすることがもう許されていないんだなっていうこと。

浮気願望も不倫願望もないし、浮気をする人には嫌悪感丸出しで詰るくらいには憎んでいることなんだけども、浮気。

とはいえ近しい先輩が浮気を告白してきたときは、笑い飛ばして絶対ばれないようにするのが彼女へのやさしさだからね、とアドバイスするくらいには他人事なんだけども、浮気。

 

最近は自分のタイプがどんな感じかもぼんやりしてきて(この感覚ないですか。もともとタイプだった感じじゃない人が配偶者の方。愛する人が自分のタイプな人と違っているとき、でも間違いなくこの人を好きで選んで結婚したからこんな感じの人がタイプだったのかしらと思う感覚)、すてきだなと思う人はすてきなまま、離れたくないけど近づきすぎたらいけないという距離感のまま、生きていく。

配偶者を愛して愛されているからいいじゃんという結論になるだけなんだけど。

 

原曲はこのあと「なんて、言わないよ絶対~」に続くけど、表題は「、というかできない」に続きます。

ディスコといえば

テレフォンズと思っているんですが

 

よく考えればperfumeも流行ったきっかけはチョコレイト・ディスコからな気がするし、めざましテレビで(最近の情勢や流行りの情報はすべてめざましテレビから得ているから、新しい若い子たちが出てきたときめざましに取り上げられないとしばらく知らない)EXILEの後輩みたいな子たちがディスコの歌を歌っていたので時代・・・!と思った次第。

 

関係ないけど芸能ニュースだけじゃなくてもっとまじめなニュースらしいニュースとか、政治のことでもゴシップじゃなくて政策のこととか、やってほしい。

(なぜならすべての情報をめざましテレビ仕入れているから)

最近の政治家がアホなことばっかやってるだけなのか、わざわざアホな政治家を重箱の隅つついて探してきているだけなのか、それはちょっとわからないけど

何を語り合う国会なんだと思ってしまうよね。という話。

 

あ、ブログ書いてないでニュースサイト見ればいいんか。

ブログ名変えました

検索したらもうある可能性がぷんぷんするけど…

ブログ名を変えました。

お風呂で某鼻歌歌ってる時に決意しました。

高校時代の同級生がピアスを見せびらかしてきた、そのセンスをとても羨ましく思ったのを覚えています。

転職1ヶ月

転職して1か月が過ぎた。というか、過ぎるところである。

恥ずかしながら、というべきか、新卒で入った会社から数えてこれで5社目になる。(腰掛数か月のもの含み、ではあるが)

今度の会社は日本屈指の企業、の、地方版、の、子会社みたいなところだ。

とはいえさすが大企業をルーツに持つだけあり、システムや制度は相当整っておりかなり働きやすい。

ただ、やはり大企業(ルーツ)、サーバのファイルを発見するまでには途方もない迷路であり、実務的に整っていて働きやすい、とはまだ言えない。

慣れていくだけなのだが。慣れたらサーバを整理しましょう、使いづらいから、なんていう人間もいなくなっていくのだ。デスクトップやなんやにあるショートカットをすべて変更しなければいけないのだから。

そんな気持ちを忘れないようにしたい。