きりんのさかだち

繊細で大雑把、楽しく生きたいけど人の目を気にするネガポジティブな人間が、日常のことを書きます。

しごと

自分の仕事ではないのですが。

家族が勤めている会社の先輩が、だいぶだいぶ仕事ができない人だそうで。勤続年数は長く10年選手とベテランなんですが、どうも仕事に向かう姿勢というかなんというか働き方というかが下手くそらしい。

同じ仕事を10年もしているので勿論仕事に対する知識はあり、その弊害(と私は思ってしまうが歳が上の方にとってはマニュアル人間より評価されるような場合も多いよう。どちらかというと自分はマニュアルに則ったベースで経験によって対応の幅を広げるという形のほうが得意というか楽というか、責任を全うできると思っているのですが)で特に業務の手順などのマニュアルはなく、都度来た仕事をこなすことで回ってきているようなのです。

そんな先輩ですがスケジューリングがド下手まくりだそうで、対応しなければいけないタイミングの直前まで誰にも知られず手元に置いておき、爆発してから周りを超残業に巻き込むという有様で。

自分自身は新卒で体育会系ブラック企業に勤めたため、スケジューリングは締め切りが近いほうから&巻き込む人がより外部のほうから、と叩き込まれました。かつ自分で抱えられないことが分かった時点でとにかく速やかにヘルプを上げる、さもなくば死ぬぐらいの勢いだったため、もうその先輩の話を聞くとそんな働き方はちょっと迷惑をかけすぎだしとにかくうちの奴を帰らせろと思ってイラついてしまう心を抑えられないのです。

会議も時間通りに終わった試しがないし、そもそも会議内で結論が出ることも稀なのだとか(ディスカス目的の会議は除き)。

兎に角そんな先輩のせいで今夜も深夜出ていき帰ってこない家族。明朝帰れるかどうかも不明。

そういう働き方が許されるゆるい会社ということを喜ぶことは、しばらくできない気がする。