きりんのさかだち

繊細で大雑把、楽しく生きたいけど人の目を気にするネガポジティブな人間が、日常のことを書きます。

もう恋なんてしない

結婚してすぐは、こんなに幸せなことなんてあるかとおもった。

10年くらい恋人もおらず、自分が好きな人が自分のことを好きになってくれるなんてと。

しかもその恋人と紙ぺら一枚提出したら、一生をともにすることができるなんてと。

そのうれしい感覚は今この瞬間も勿論あるけれども、最近たまによぎることがあって。

恋をすることがもう許されていないんだなっていうこと。

浮気願望も不倫願望もないし、浮気をする人には嫌悪感丸出しで詰るくらいには憎んでいることなんだけども、浮気。

とはいえ近しい先輩が浮気を告白してきたときは、笑い飛ばして絶対ばれないようにするのが彼女へのやさしさだからね、とアドバイスするくらいには他人事なんだけども、浮気。

 

最近は自分のタイプがどんな感じかもぼんやりしてきて(この感覚ないですか。もともとタイプだった感じじゃない人が配偶者の方。愛する人が自分のタイプな人と違っているとき、でも間違いなくこの人を好きで選んで結婚したからこんな感じの人がタイプだったのかしらと思う感覚)、すてきだなと思う人はすてきなまま、離れたくないけど近づきすぎたらいけないという距離感のまま、生きていく。

配偶者を愛して愛されているからいいじゃんという結論になるだけなんだけど。

 

原曲はこのあと「なんて、言わないよ絶対~」に続くけど、表題は「、というかできない」に続きます。