きりんのさかだち

繊細で大雑把、楽しく生きたいけど人の目を気にするネガポジティブな人間が、日常のことを書きます。

ブロガーへのみちはけわしい

もう滞っている本ブログ、ブロガーへの道などまだまだってことで

ここ1~2年くらい、ほぼ連日更新されている著名ブログを何本か追っているのですが、ここ数日、なにやら複雑な気持ちになることがあります。

追っているのはどれも日常系だったりおっとり系だったりの育児ブログ・家族ブログ・ネタブログetcetc。

純粋に楽しいなぁかわいいなぁためになるなぁ~ためになるねぇ~と思いつつ読んでいますが、最近そのうちの1本をはじめから読み直してみました。そもそもが途中から読み始めたこともあり。

そうすると、いるんです。。そう、あれが。。

 

荒らしが。。。

 

ってなにいってんだ2ちゃん黎明期に多感な時期を過ごしてきたやろと。ネットリテラシー学校で学ぶ時代だったろうと。そうなんですけどね。

 

多種多様な人がいるのはとてもよくわかっているし、巨人ファンがいればアンチ巨人もいることはわかっているのですが、自分はやな感じだと思うと無理から近寄る気になれないほうなので、むしろ触らぬ神にという考えなので離れていくのですが

嫌悪感をむき出しにわざわざ嫌味なコメントしてコメント欄を荒らす人、それにむちゃくちゃ突っかかって最終的にブロガーに対して「自分は応援してます!!」とアピールして満足する人、触らぬ神にで記事内容にのみ言及してる人、まぁいろんな向き合い方がありますね。

ってこれあれも、わざわざ嫌なコメント見て嫌な気分になるって点では臭いとわかってても嗅ぎたい的な心理なのか。離れてないやんけ。

 

まず荒らしがなんでそんなことをわざわざ?スキの裏っかえし?注目してほしいのか?それともブログ閉鎖に追い込むのが趣味な悪趣味なだけの人?と理解できない思い。

見てるとほぼ毎日何かにつけて重箱の隅をつつくようにあらを見つけては独自解釈で嫌味なコメントを言っているみたい。かつ以前に何かコメントして対応されなかったから躍起になってるみたいな傾向がありそうなので、熱烈なファンが自分を見てほしすぎてストーカーになったという感じかなと。

そしてそれに正義感をもって立ち向かう人。これは大好きなブログの治安を守りたいという気持ちが見えるので気持ちとしてはとてもわかる。ただじゃああなたは何様よというコメントもあるので、紙一重。「わけわかんない人もいるけど無視して頑張ってね!」みたいなことって、同じじゃね?初めて荒らされた中学生のブログじゃあるまいしブロガーもわかってるっしょ、そのうえで無視してるじゃんか、という気がしないでもない。

スマートだと思うのは、言わずもがなノータッチでブログへの純粋な感想を書き込むパターンとROMってる人(2ちゃん黎明期なもんで)。

 

自分はスマートにROMりつつ、自分のブログにちゃっかり考えたこととしてネタにした次第です。

ブログってそんなもんじゃね?あってる?この使い方あってる?

プロブロガーって金もらってるからって全読者に配慮する必要ある?まぁなんもない人よりはあるかもしれないけど、生活の中であったことや考えたことを徒然なるままに綴るのがぶろぐってもんなんじゃないの??

 

ってことで終わります。このなんでもない思い呟き日記がどうか単行本として本屋に並ぶ日が来ますように。書き物で飯が食えますように。

 

ー完ー