きりんのさかだち

繊細で大雑把、楽しく生きたいけど人の目を気にするネガポジティブな人間が、日常のことを書きます。

世の中のヒリつく話題に攻め込んでいくスタイル

とは言ったものの、そんな知識も何もなく自分の所感を連ねるだけなので「※個人の感想です」を忘れずに。

 

男の人が女の人を好きとか、男の人が男の人を好きとか、その逆、逆の逆、あとは男か女かがそもそもぶれてくる話題になると

所謂大多数でない立場で恋愛したりしている人は「少数意見だからといってないことにするな!潰すな!」「差別するな!」「もっと理解を!」と声を大きくする印象があるのですが

そうなるのは所謂大多数の立場の人は声を大きくする必要がないから当たり前っちゃ当たり前なのかもしれないのですが

個人的にはなんかそれに違和感を感じていて。

なんでかなぁって思ってさっき思い当たった自分なりの一つの結論が「そっちが自分を認めてほしすぎてほかの人をどっか否定してんじゃね?」ということでした。

 

なんつーかとても難しい話題なんだろうけど、自分は同性を恋愛対象にはできないし、生まれ持った性に違和感は特にないので(まぁ嫌いな部分はあるよ。特有の~~みたいな)わかんないけど、別に同性を好きだったり生まれた時と違う性で過ごしてる人も過ごしたい人も「そっか」くらいなもんです。

そんな感じだからか、自分の意見を声を大きくして主張して理解されないことに怒りまくっている人のことをあまり好意的には見れないのですねー。

どっちにせよ、他人にそこまで興味がないのかも。自分が、自分の関わる範囲の人がわかってればいいかなみたいな感じ。

反対に言えば、関わる範囲の人には理解してもらいたいし、ちゃんと話していきたいという感覚はわかるんだけども。そんな世間一般みんながわかってなきゃだめかな?とは思う。

少数意見と括ってもそんな人ばっかじゃないってのも勿論大前提として。

 

性別とか、恋愛とかそういうことを離れてもこういうことって沢山、沢山あると思うんですが、今回はそういった方面で考えを巡らしたらいったんこういう結論に行きつきました~って話でした。